トップページ > 業務案内 > 消防 > 消防のしごと > 警防


 消防本部の概要

  ●組織図・管内図
  ●組織と配置
    問い合わせ先

 ■消防のしごと

  ●通信指令
  ●警防
   〇車両紹介
   〇各種訓練
   〇緊急消防援助
  ●予防
  ●救急
   〇大曲仙北救急
    ワークステーション
   〇心肺蘇生を
    助ける動画です
  ●救助
  ●消防太鼓隊

 ■消防掲示板

  ●試験・講習会等情報
  ●住宅用火災警報器


警防
 「火事を消す」まさに消防の原点が警防活動です。
江戸時代、町火消しと呼ばれた人達がおこなってきた消火活動は、破壊消火と呼ばれるもので、 出火建物の周囲の家を次々に破壊し燃えるものを無くし消火するのを待つといったものでした。
 現在、消防車両や資器材も進歩し、また、消火方法についても研究が進められており、 いかに被害を少なく消火するかが消防戦術の核となっています。
 たとえば、いくら早く消したからといって、過剰な放水により水損と よばれる損害を多く与えることや、水損を恐れ、くすぶっている火を見逃し再燃させることは、 更に大きな損害を与えることになります。
 同じ現場は二度とありません。
 その日その時、隊長の迅速で適切な判断が要求され、五感を研ぎ澄ました隊員が 適確な対応が出来るよう日々訓練を積み重ねております。


〇車両紹介へ
 広域消防で使用している各種消防車両を紹介します。

〇各種訓練へ
 職員が行っている現場活動訓練を紹介します。

〇緊急消防援助へ
 緊急消防援助隊の登録状況や過去の出動災害について紹介します。





<< 戻る  <<<< トップページ