トップページ > 予算/決算 >  過去のデータ >  平成20年度 > 平成20年度補正予算

 

 

平成20年度6月補正予算の概要について

○一般会計(補正額:2,303千円)の主な事由

  • 休祭日救急医療センターの機能移転に伴う特別会計の構成市町負担金減額等によって生じる財源不足分への、財政調整基金からの充当

○休祭日救急医療センター特別会計(補正額:3,077千円)の主な事由

※休祭日救急医療センターの機能移転に伴う現段階での執行見込みによる補正

  • 診療収入や構成市町負担金の減額
  • 看護師賃金や医薬材料費、薬剤師派遣委託料等の下半期分の減額
  • 医師派遣委託料から医師派遣負担金への組み替え

○介護保険特別会計(補正額:14,946千円)の主な事由

  • 介護給付費及び地域支援事業費の確定に伴う社会保険診療報酬支払基金交付金の返還(平成19年度分)

 

 

 

 

平成20年度11月補正予算の概要について

○一般会計(補正額:9,198千円)の主な事由

  • 水交会派遣職員2名の退職に伴う退職手当特別負担金不足分の計上
  • 死亡獣畜処理業者及び収集運搬業者の変更に伴う委託料の増額と、収集時に必要となる重機の購入費の計上
  • 西分署建設に係る除雪用重機購入費の計上

○角間川更生園特別会計(補正額:923千円)の主な事由

  • 放課後生活支援事業の利用定員増員に伴うパート職員の人件費の増額

 

 

 

 

平成20年度2月補正予算の概要について

○一般会計(補正額:93,369千円)の主な事由

·         斎場職員に昇格者が生じたことに伴う人件費不足分の増額(昨年度の繰越金を財源とする)

·         平成16年度に構築した高機能消防指令センターの改修経費の計上(構成市町負担金が財源となるが国の二次補正で示されている臨時交付金が全額充当される。なお、改修内容が明確となるのは平成21年6月頃のため、繰越明許事業として平成21年度中に実施するもの)

·         西分署建設事業完了に伴う不用額の減額(財源である構成市町負担金を減額し戻出するもの)

·         繰越金及び各特別会計繰入金の増額分等の財政調整基金への積立

○角間川更生園特別会計(補正額:13,719千円)の主な事由

  • 人事異動に伴う人件費不足分の増額
  • 財政調整基金への積立のための一般会計への繰り出し

○休祭日救急医療センター特別会計(補正額:△891千円)の主な事由

  • 平成20年度末に特別会計を廃止するため、繰越金が生じないよう調整するもの(平成21年度以降は一般会計衛生費に予算を計上し休日救急医療連携事業を運営)

○介護保険特別会計(補正額:13,719千円)の主な事由

·           人事異動に伴う人件費の不用額の減額

·           介護保険法改正に伴うシステム改修費の計上(事業費の一部は国庫補助金として交付される)

·           認定申請件数の減に伴う審査会委員報酬や主治医意見書作成手数料等の減額

·           契約差額が生じたことによる備品購入費の減額

·           居宅介護サービスの利用増による介護サービス給付費の増額

·           包括的支援事業・任意事業費の委託料の増額(地域包括支援センターシステムの法改正対応経費の計上及びセンターの人件費増による)

·           介護給付費等準備基金積立金の増額(平成19年度の給付費減に伴う保険料差額分や介護給付費の精算に伴う県負担金の追加交付分等を今後の給付費の財源として積み立てるもの)

·           介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金の設立(第4期の介護報酬改定に伴う急激な介護保険料の上昇を抑制するために平成20年度中に交付される国からの交付金を明確に管理するもの)

·           平成19年度の給付費、地域支援事業費、システム改修費の確定によって生じる国、県への負担金及び補助金の返還分の増額(前年度繰越金が財源)

·           一般会計財政調整基金に積み立てるための繰出金の増額(前年度繰越金が財源)

·           保険給付費と地域支援事業費の増減に伴う国、県支払基金からの負担金及び構成市町負担金を法定率に沿って補正

 

 

 

 

 

 >> 戻る   >>>> トップページへ