トップページ > 業務案内 > 消防 > 消防のしごと > 救急


 消防本部の概要

  ●組織図・管内図
  ●組織と配置
    問い合わせ先

 ■消防のしごと

  ●通信指令
  ●警防
   〇車両紹介
   〇各種訓練
   〇緊急消防援助
  ●予防
  ●救急
   〇大曲仙北救急
    ワークステーション
   〇心肺蘇生を
    助ける動画です
  ●救助
  ●消防太鼓隊

 ■消防掲示板

  ●試験・講習会等情報
  ●住宅用火災警報器


救急
 
  平成3年8月15日救急救命士法が施行され、救急活動は大きくかわりました。
以前の救急隊は酸素吸入や傷口の消毒などといった簡単な応急処置を施し、早く病院まで搬送することが仕事でした。
救急救命士の登場により、救急隊員の応急処置の範囲が大幅に拡大されました。
この中で、高規格救急車に搭乗する救急救命士は、今までの救急隊では行うことが出来なかった高度な救急救命処置を施すことで蘇生率(一度心臓が止まった状態から再び心臓を動かすことが出来た率)が向上しております。
しかし、いくら高度な資器材を積載した高規格救急車でも、飛ぶことや瞬間移動する能力はありません。

 
 
 

当広域消防本部管内で救急車が現場に到着するまでの平均所要時間は約7.2分です。(全国平均は約6.6分)
心臓や呼吸が停止した場合、2分以内に心肺蘇生法と呼ばれる処置を施すと約90%の人が助かると言われております 。
反対に4分後では約50%、10分を経過すると蘇生のチャンスはほとんどなくなります。
このようなことから、救急車が到着してから救急隊が心肺蘇生法などの処置を施しても助かる可能性は低くなってしまいます。
心肺蘇生法は誰でも行える応急手当です。
救急隊が到着するまでの間、家族やその場に居合わせた人が心肺蘇生法を施すことが出来れば、蘇生率は確実に上がります。

 

救急訓練

 
 

   
  そこで、消防署では大仙市仙北郡内1世帯に一人の応急手当マスターを育成しようと、いろいろな場所で心肺蘇生法の講習会を開いております。
実技が中心の講習会ですし、内容も楽しく覚えてもらうことを心がけ、指導員一同それぞれ工夫をこらしていますので、是非受講してください。
 

 
〇大曲仙北救急ワークステーションへ

 救急ワークステーションの事業内容について紹介します。
 
     
<< 戻る  <<<< トップページ